単身赴任には家電レンタルがオススメ

ヤマト運輸の引っ越し、家電レンタルが便利

夫が急な転勤で、単身赴任で引っ越すことになったとき、家電をどうするか悩みました。
転勤先への赴任期間は長くても1年程度だったので、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ等を買い揃えるのも、出費を考えると無駄だなと考えていたとき、ネットで見つけたのが、ヤマト運輸の家電レンタルサービスです。

 

▼いま人気の家電レンタルサービスはコチラ

 

新品、中古の家電から選ぶことができ、レンタル期間に応じて料金を支払うシステムですが、契約したレンタル期間前に引っ越し等により家電を返却する場合は、レンタル料が月割りで戻ってきます。また、引っ越しの際にヤマト運輸を利用すると、レンタル家電も無料で引き取ってくれます。

 

詳細→クロネコヤマト単身パック

 

実際、ヤマト運輸の単身パックを利用し、家電は冷蔵庫、洗濯機、電子レンジの中古品をレンタルしましたが、中古とは思えないほどきれいな状態でしたし、冷蔵庫、洗濯機のカビ臭等のにおいもありませんでした。
単身パックの料金だけで、レンタル家電を引き取ってくれましたし、レンタル料も、家電を購入した場合に2〜3割程度に抑えることができました。
単身パックでの引っ越しも手際がよく、荷物が少ないこともありましたが、一時間もかからずに搬出作業は終了しました。
引っ越しだけではなく、家電のレンタルサービスがあれば、単身赴任の方には便利なサービスだと思います。

 

 

単身パック自体も2〜3万円で済んだので、引っ越し費用+家電レンタル料を含めても、非常に安価に抑えることができました。
また、夫が単身赴任するような機会があれば、ヤマト運輸の引っ越しと家電レンタルサービスを利用したいと思います。

 

引越し

 

一人暮らしのアパートから結婚のため新居へお引っ越し。
5年ほど暮らしていた一人暮らし用のアパートから、結婚を機に新居へとお引っ越ししました。
夫になる人はそれまで実家暮らしだったので、家電の重複はテレビぐらいでしたが、寝具や古いこたつ、たまった本や雑誌など、こまごました不用品が出るのが悩みでした。
それに、せっかく結婚して新しく暮らすのだから新しい家具がいい、なんていう気分もあって、独身時代に持っていたものはあらかた処分することになりました。
そのまま使ったのは冷蔵庫だけ。私はもともと料理が好きで、一人暮らしなのに300リットルサイズの大きめの冷蔵庫を買ったばかりだったのです。
セール品で安かったけれど、まだ買って3年しかたっていない冷蔵庫を処分するのは何となくもったいなくて、それだけは新居に持っていくことにしました。
そうすると、案外と持っていかなきゃならないな、と思っていた大きな荷物ってないんです。このさい断捨利しよう、と思った洋服類もだいぶ減らし、気づいてみれば荷物はちんまりとまとまっていました。
正直、自分が車の運転になれていれば冷蔵庫以外は運びきれたと思います。
それをしなかったのは住んでいた場所が都会で、一人暮らしする際に車を手放してしまっていたからです。
引っ越しが本決まりになってから入居まで2週間もない、という慌ただしさで、しかもゴールデンウィークと重なるというタイミングの悪さから、引っ越し費用は割高になることは覚悟していました。
業者の選定のために使用したのはよくあるネット上の比較サイト。条件を入力すると見積もりが数社から送られてくるというものです。
仕方のないことですが、メールが大量に来て、選ぶのも困るくらいだったんですが、大手はサービスが良くても価格が高いのでやめにしました。冷蔵庫と段ボールが10箱、距離は同一県内30キロ以内くらいです(愛知県名古屋市から一宮市)。大手の提示額は6万円以上で、一番安い激安引越しセンターでは3万円を切っていました。
適正価格はよくわかりませんでしたが・・・ただ、ワゴンやテレビ台に使っていた小さなテーブル、一人用の布団など、不用品の処分をしてくれ、一番早くやってくれる、という業者さんを選びました。地元のタクシー会社のグループ会社で、信用できるだろう、と思ったことも決め手です。
結局支払った金額は3万8千円。自分としては納得のいく引っ越しでした。